よりを戻すための「きっかけ」作り【barcampnigeria】

よりを戻すためにはきっかけが大事です。 - 短時間で復縁のきっかけを掴む

短時間で復縁のきっかけを掴む

kikkaketudkuri自分から別れを切り出した相手と、復縁したいと思う事は珍しいことではありません。
自分からなんらかの理由があって別れを切りだしたのに、別れてから彼の大切さ、良さに気付く事は比較的多くあるようです。
こういった場合の復縁のタイミングは、あまり長い時間放置せずに、なるべく短期間で復縁したいと言う気持ちを伝えることが大切です。
相手の気持ちがまだ自分との別れに悲しみを持っている時、相手の気持ちが他の誰かに向いてしまわないうちに復縁したい思いを告げるのです。

いきなり復縁したい思いを告げることが難しい、またはタイミングがなかなか掴めない場合には、復縁したい!-ピュアリ-のイベントなどを利用すると良いでしょう。
例えば飲み会や、食事会、友人と同席するイベントなど、第三者を交えた場があると相手に接近しやすくなる傾向があります。

またどうしてもこうしたイベントなどが無い場合には、通勤途中で偶然会うようにタイミングを合わせることも有効だと思います。
あくまでも偶然会ったようにしなければ、ストーカーと勘違いされることもありますので、その点には注意が必要です。
始めは気まずい空気が流れても、正直に素直に自分の気持ちを伝えることで、短時間で復縁のきっかけがつかめるかもしれません。

メールは復縁に使えるツール

別れた人と復縁したいと思う時には、どうしたら良いのでしょうか。
いきなり復縁したいということを伝えると、最近ではストーカーのように思われることも少なくないようなので、細心の注意が必要になります。
modosu
復縁を意識するなら、お互いの関係の修復をしなければならないと思います。
何らかの原因や理由があって別れてしまっているために、その関係は壊れていると考えられます。
その溝を修復するためにはお互いに向き合い、

そのためにはまずはメールという方法を使って、アプローチしていくことが良いと思います。
メールは受信していても、電話のようにすぐに出なければならない、すぐに返信しなければならないということがないので、お互いの都合の良い時、安定した精神状態の時に読んだり、返信したりすることができます。
文字というツールは、直接感情が伝わらない場合もあるので、ある程度の距離感のある内容を書くようにしていくことにより、会話も続くようになると思います。

別れた時とは違う自分をアピールしつつ、相手を思いやるメールを書き、しつこくせずに、返信が多少来なくてもじっと待っていることが重要なポイントになると思います。

honkaku.cocoloni.jp

更新情報

[02月27日]
短時間で復縁のきっかけを掴むの情報を更新しました。
[02月28日]
お問合せ窓口案内を新規投稿しました。
[03月01日]
お互いに惹かれあうメールを書くの情報を更新しました。
[02月27日]
復縁に成功しましたの情報を更新しました。
[03月03日]
友達に中に入ってもらうの情報を更新しました。
ページ上に戻る